神奈川県の業者に頼んで大規模修繕工事をしました。

塗装も行うので、涼しい10月に行うことになりました

大規模修繕工事中は、塗装も行うので原則窓を閉めたままの作業になるので、涼しくなる10月の下旬に工事の日程を決めました。
管理会社に近隣の住戸に工事で迷惑を掛けるので事前に挨拶するようにアドバイスされましたが、修繕業者の現場責任者がそう言ったあいさつ回りも全てやってくれました。
10階建てのマンションの外壁に足場を1週間ぐらい掛けて組んで、塗装や瓦礫が飛び散らないように修繕を行う面をシートで包みました。
工事は屋上から始まって、屋上の防水シートの張替え工事と最上階のベランダ側の外壁工事から始まりました。
大壁をハンマーで叩いてひび割れや空洞の検査を行って、そこに印をつけて隣の部屋に移って行き、ワンフロアが終わったら下のフロアに移動して作業してました。
検査は1週間ぐらい掛けて行われ、最上階から問題のあるひびの箇所に補修材を注入してました。
補修作業が終わったら、その上からスプレーで塗装して行きました。
外壁の塗装が終わったら、今度は屋上の防水シート張りと同じように、最上階から防水加工が始まりました。
エアコンを設置しながら修繕を行うために、ベランダの室外機を固定金具で浮かしてから用材を防水用材をベランダに流し込んでました。

築20年のマンションが修繕工事することに / 塗装も行うので、涼しい10月に行うことになりました / すべてを完了し、無事マンションの大規模修繕が終わりました

大規模修繕工事 神奈川神奈川県の大規模修繕関連の施工実績